スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

本当にビックリの話ですよね。何のことかって、菅総理が堂々と国会の場で総理としての資質・適性に欠けると自ら認めたことです。

記事は「菅直人首相は28日午前の衆院予算委員会で、自らの政権運営について『野党の生活が長かったし、(市民)運動的な発想で物事に当たることが多かったので、ある部分なかなかその体質、性格が抜け切れないかもしれない』と述べた。
自民党の伊吹文明元幹事長から『(首相が)一番輝いていたのは野党の時だ。(与党を)とっちめる時だ』と指摘されたことへの答弁。首相としての資質や適性に欠ける部分もあると自ら認めた発言と言え、『菅降ろし』の動きが出る民主党内で波紋が広がりそうだ。
一方で、首相は『やはり与党、首相という立場になったときに、そういう在り方ではまずい、それだけでは駄目だという認識の下に、私なりに国民全体に責任を持たなくてはならないと認識して行動している』とも語った。」

この程度の認識、覚悟で一国それも私たちの国の最高指導者ですって。
とんでもない話だと思いますけど。
民主党の議員というのは全体この程度なんでしょうね。もしかすると、他の議員はもっと酷いのかもしれませんね。
何しろこの程度の人物を党の代表にして総理にして恥いらないんですから。

やはり、政権交代は国民に塗炭の苦しみを与えるためだけにあったのかもしれませんね。
これも、朝日新聞をはじめとしたマスコミと違法行為を平気でやる労働組合のせいですかね。
 

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。