スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

民主「言論統制&秘密主義」加速!なんですって!!

民主党が怖い本性をさらけ出してきていますよね。

その一つが、防衛省の通達問題ですね。昨年11月3日の航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の航空祭で、民間団体「航友会」会長が「一刻も早く菅政権をぶっつぶしましょう」と政権批判したのがきっかけだ。これに激怒した安住氏は「何でもいいから制裁措置を考えろ」と対応策を指示。内局文書課が通達案を作成し、安住氏と広田一政務官が担当幹部とともに防衛省内で会議を開き協議したという。広田氏は通達への反発を憂慮し、「やり過ぎだ」と再考を促したが、安住氏は耳を貸さなかったという。その後、北沢俊美防衛相も通達を了承し、同月10日付で通達が発出された。

広田氏の懸念通り、自衛隊やOB組織などから「思想信条の自由を定めた憲法の精神に反する」と激しい反発が起き、自民党は臨時国会で北沢氏らを追及。すると安住氏は「撤回しても効力はものすごい。通達を1度出したことに意義がある」と撤回しようとしたが、北沢氏は「非を認めればさらに野党に追及される」と拒否したという。

こうした姿勢に自民党幹部の1人は「子どもに権力を持たせると、いかに危ないか分かる事例だ」と指摘。民主党内からも「権力の意味をはき違えている」(党幹部)と批判が出る始末だ。

そしてもう一つが、「情報保全隊」という組織があるということですが、この情報保全隊が自衛隊OBの国会議員の講演への自衛隊参加を監視していた、との話もあるそうですね。
これからは、軍靴の足音に脅えて暮らす社会になってしまうんでしょうか。
怖いですね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。