スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

昔「末は博士か大臣か」と言われたものですが今は・・・

昨日と今日にわたって気になったのが「原口氏パーティーに300人 大臣規範に抵触?本人は否定 」。
原口一博総務相といったら、民主党でも期待されていて、先日は小沢民主党幹事長を「おやじ」と慕っている(前は反小沢だったらしいですが、政権を獲ったら変わったみたいです)次の総理にとの声もかかるほどの議員ですよね(いろいろな記事によると)。
その原口一博総務相が「東京都内のホテルで、支持者ら約300人を集めて政治資金パーティーを開いたそうです。自民党と公明党との連立内閣での閣議決定した大臣規範では大規模な政治資金パーティーの自粛を定めていた」そうですから、民主党になってずいぶん変わったんですね。それも、この原口総務相は大臣になって3回目だそうです。話では、出席者だけから会費を取っているわけではなくて、その何倍かの券を売っているようですから、数千万円の収入なんでしょうね。赤松広隆農林水産大臣も700人を集めるパーティーを開いたことも前に記事になっていましたねー。

民主党鳩山由紀夫内閣の平野官房長官は「今、現実にそういう方式で政治資金を集めることは許されているわけだから、何ら問題はない」と言い、原口総務相も「問題ない」と言いきっているそうです。皆さんはどう思われますか。

昨年の選挙の際に民主党はどう言っていたのか調べてみたら、「民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で、3年以内の企業団体献金の禁止とパーティー券購入禁止をうたっている。」という記事がありました。

3年以内だからまだいいということでしょうか。しかし、民主党幹事長室だけが日本国政府への要請の窓口で、長崎知事選挙の際には「自分たちを応援しないとおカネ(国家予算、私たちの税金)を出さないぞ」と脅した、との記事もあるような中で、民主党議員のパーティー券を買ってくれと言われて、断れる人たちがどれだけいるんでしょうか。完全な脅しでの搾取にしか見えませんが、どうなんでしょうか。

まず何よりも民主党が「マニュフェストの企業団体献金もパーティー券の購入も禁止」も率先して実行したらどうなんでしょうか。
禁止する法律ができていないからやりたい放題で構わない、と言わないで実行力、本気度を見せてほしいものです。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。