スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

庶民の年収よりたくさんの税金を本当は使っていたんですね!ウソは良くないですよねー!!

昨年、政権交替してから本当にビックリすることばかりですが、衆議院の横路議長経由で出された野党の質問主意書に鳩山由紀夫内閣が「閣議決定」した答弁書がウソだったという話が出てきましたね。
実際は280万円多く、700万円超、鳩山由紀夫総理が総理公邸に入居するのにかけた費用のことです。これは、当然皆さん方が払った税金ですよ。内容は「首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万」鳩山首相が公邸に入居した際にかかった費用を当初は閣議決定で「413万円」(これでも多いと思いますが)としていたのに、もっとかかっていたわけですね、この金額でも庶民には十分高すぎると思いますよね~。この件を民主党に近い新聞は、「過少申告」で済ませるみたいですが、国民にはちゃんと知らせてほしいものです。ちなみに過去3代の首相の支出額は鳩山由紀夫総理が閣議決定した内容の費用だけでいけば、数十万~百数十万円にとどまっている、とのことです。

こうした詐欺というか、国民を欺くことを堂々とやる鳩山内閣には、本当にビックリですが、さらに、その内閣の出鱈目を助けて、自分たちもおこぼれに与ろうというのかどうか分かりませんが、こんな記事の見出しもいっぱい出てきました「。民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?」「公明、再び与党の道へ 民主と子ども手当修正合意」庶民の党を標ぼうする党であるなら、本当に国民の立場に立った行動をしてほしいものです。
が、こんな記事も
「公明党には選挙制度改革、宗教法人課税問題で発言力を行使したい思惑がある。いずれ政権与党に返り咲く願望もある。」
「2月26日夜には小沢一郎民主党幹事長と創価学会首脳クラスが会談。協議継続で合意したとされる。」
これを読んで、皆さんはどうお考えでしょうか。


その民主党政権樹立の大恩人であり、京セラの創業者であり、日本航空(JAL)の再建のために起用され会長に就任し、今なおウィルコムの取締役最高顧問の地位にもある稲盛和夫氏。
稲盛和夫氏が最高顧問の立場にある、そのウィルコムの再建のために、中小企業の再建を支援するために設立された公的組織の企業再生支援機構は、「10日、会社更生法の適用を申請して再建を目指す簡易型携帯電話(PHS)大手ウィルコムに対し、12日に第三者委員会を開き、支援決定する方向で最終調整に入った。」との記事がありますが、インターネット上には、「機構がウィルコム支援に乗り出した場合に、(稲盛和夫氏が)個人的に享受できる経済的なメリットは計り知れないものがある。」との記事も見受けられます。第二、第三の鳩山家を目指しているんでしょうかねー。

このような記事を見て、鳥肌がたつほど怖く感じるのは私だけでしょうか。皆さんいかがでしょうか。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。