スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

TPP対応!民主党政権どうするのか!私たちの生活は?

菅総理が前のめりになっているTPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加について、APEC首脳会議でまとめる首脳宣言に推進を盛り込むそうです。推進を盛り込む以上当然日本も参加すると言うことが前提なんでしょうね。
一次産業関係者から猛反対のあるこのTPP参加については、農業者の票を戸別所得補償という私たちの税金で買って当選した民主党議員も反対しているそうです。この反対のある協定への参加を表明することは、菅総理にとって賭けなんでしょうか。それとも、歴史に名を残したいと言う名誉欲なんでしょうか。

農協が言っているように協定参加によって農業が壊滅的打撃を受けるのであれば、戸別所得補償が始まり米価の下げで、今でさえ青息吐息になっている農家と農村地域が疲弊して、限界集落だらけになってしまうのでしょうかね。日本の農業ってそんなに国際社会の中で弱いんでしょうか。補助金に頼りすぎてしまったんではないでしょうか。国際社会の中で弱い農業を強くする方策を真剣に考えないと、農業、農村だけでなく私たちの国自体が取り残されてしまうのではないでしょうか。農業を弱くする最たるものが今の民主党政権下で創設した戸別所得補償ではないでしょうか。今年の生産者の米価がこのことを明確にしているように思えるんですけどね。一刻も早く、農協の求める施策ではなく、農業者の求める支援策を取り入れて、農業と農村を再生させて欲しいですね。票を買う思惑での政策しか打ち出せない民主党政権では期待できないですけど。

TPP参加にはこんな一面もあるのではないかと言うのが「企業献金受け取り再開」ですね。TPP参加を声高に叫んでいるのは財界・経済界ですけど、そこに迎合することで、恩を売って民主党と民主党議員への献金額を増やそうという、思惑もあるのではないでしょうか。
この企業献金受け取りには今朝の朝日新聞の投書欄「声」に小学校教員の方から「開いた口ふさがらぬ民主の変節」と言う投書が載っていました。この方は政権交代を民主党が果たしたとき長い目で育てることが大切だと考えたそうですが、マニフェストをことごとく反故にし、政治の停滞と、政治への不信感を助長してきたことで、見限る方向にかじをきることにしたということです。
小学校教員ですから、教職員組合にも入って選挙応援もしてこられた方なんでしょうかね。今の政治状況を生んだのはこういう方々が、民主党を支援してきたから日本が私たちの国が、こんな状況になってしまったんですけど。今頃民主党は「根っこが腐っているとしか思えない」「こんな政党に期待した自分が恥ずかしい」といわれても、ちょっと遅いような気がするんですけど。
しかし、遅すぎるということはないですかね。こういう方が増えると日本も良くなるんでしょうね。
日本が、私たちの国が、再度元気になって、次世代に誇りを持って渡せるように、民主党とその関係者には、政治の舞台から退場して欲しいですね。最たるものは連合、そして特に日教組ですね。

そして、今日の天気のように清清しい気分を満喫したいものです。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。