スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

野党時代の主張はどこへ!立場で主張が変わる民主党!

強制起訴が決まった小沢一郎元代表について、民主党執行部が衆院政治倫理審査会への出席を促す方針であることについて、「共産党の穀田恵二国対委員長は、論外だ。政治倫理審査会は、密室でやることが基本で、議事録も出されず、傍聴も許されない。うそをついても罰せられない」と述べ、あくまでも小沢氏の証人喚問を求めていく考えを重ねて強調した。そうです。さすが共産党。この党はブレないですよね。共産党の政策が良いとは思いませんが、この小沢問題だけは大賛成です。ちゃんと偽証罪で告発できる証人喚問を実現させるべきだと思いますね。小沢氏本人も出ても良い意向を前に表明したことがあるのに、どうして政権与党の民主党がそれを妨害するのでしょうか。民主党幹部に至っては「新しい事実が出ていないから必要ない」なんて言っていますけど、一度も説明していないということを全く無視しているのではないでしょうか。一度説明して、その後新しい事実が出ていないから、ということなら分かりますけどね。民主党も小沢氏も一度も国会で説明していないんですよね。

しかし民主党はどうしちゃったんでしょうかね。野党時代はすき放題、言いたい放題、だったのに。やはり何も考えないで無責任な放言だったんですね。

予算に関しても事業仕訳で何でもできるという幻想をばら撒いていましたが、結局なにも出てこなかったですし、これからの日本が生き残るのに必要な科学技術開発について「どうして一番を目指さないといけないのか」と日本を衰退させる仕分けを平気でやってる政権ですのもね。政策コンテストというのも行うようですが、民主党政権は全く政策に自信がないということなんでしょうね。
政治主導とか言っていましたが、大衆迎合しか考えていない、選挙のためにどれだけ人気を取れるかだけなんですね。
民主党の政治主導って、大衆迎合で国家の明日も国民の生活も何もない、人気取りの国民の税金をバラマキますということと同義語だということがよく分りました。
それと責任転嫁、得意のようですね。特に民主党幹部でもある、菅総理、仙石官房長官、岡田幹事長・・・あげればきりがないですね。本当に人材が豊富なようで。
反省という言葉も民主党にはないようですし、これからどうなるか本当に心配です。というより怖いですね。


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。