スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

頑張りましょう! 庶民でも健康・元気で、安心して生きていけるような社会へ!! 

今日の新聞で目に付いたのは、「がん:治療費年133万円 患者71%『負担大きい』」です。
「日本医療政策機構」というNPO法人があって、そこの調査で、「がん患者や家族らが治療に投じている費用は年平均133万円に上り、患者らの約7割が抗がん剤など高額な治療費への支払いに負担が大きいと感じている。現在、2人に1人ががんに罹るとされ、負担の軽減策が急がれそうだ。」とのことですが、二人に一人が罹るということだと、一昔前の「あの人はがんの血統」だからと済ませていたのはやはり間違いだったみたいですね、ただ、生活習慣、食習慣、ものごとの考え方は家族だから影響しているのかもの知れませんが。

治療費が高いのは、「がんの保険診療や差額ベッド代の療養費、健康食品を含めた代替医療費など総治療費は年平均132万9000円に達することが分かった。・・・患者らの71%が「治療負担は大きい」と受け止めた。」本当にその通りです。

がんでなくても差額ベッド代は高いと思います、この前私も二度検査入院しましたが、二度とも吃驚で目が飛び出る思いがしました。それが何時終わるともわからない入院に直面すると、本人も家族も本当に大変だと思います。加えて、「経済負担を理由に治療を断念したり、最も受けたい治療をあきらめて別の治療を選んだ患者らは7%いた。特に、転移や再発の経験者では13%が治療を変更していた。」ということになると、本人も家族も悔しくて仕方ないと思います。「同機構は『国はがん対策基本法に基づき、苦痛の軽減策を急ぐべきだ』」と訴える。」とありました、本当ですよね。

関連して、東大の調査で「慢性疾患:生涯ローン…7割が『医療費重い』」、がんや糖尿病などの治療を継続している患者らのうち、『約7割が医療費の支払いに負担を感じている』。『医療費の高さなどを理由に治療の中止を考えた』ことがある患者らは約4割。」「自己負担上限引き上げが響く、『先の見えない慢性疾患は、生きている限り続く生涯ローン』『安心して(病気の)子どもを残し他界できない』。『治療費負担にあえぐ患者の困窮ぶりが浮かんだ。』『月々に支払える金額を尋ねると、1万円が最も多く、5000円、2万円などが続いた。』」この政権交代後の社会をみていると、生活がドンドン悪くなっているような気がしますが、健康を取り戻すためには治療を受けなければいけない人たちはもっと大変だと思います。私も給与もボーナスも3割程カットされ身にしみる思いがします。まだ、ボーナスが出るだけましという方もいらっしゃるかもしれませんが・・。

鳩山由紀夫総理や小沢一郎民主党幹事長たちみたいに何十億というおカネを贅沢に自分の権力の保持のために使えるお金持ちは、良い治療を受けられて、庶民は治療をあきらめなければいけない、ということはあってはいけないと思います。
民主党マニュフェストの「果たして農業、農村の振興につながるのかどうか疑問が多い、『農家への戸別所得補償』」とかに税金をするのでなく、このような庶民の命を助け、安心して暮らせる生活を守ることに税金を使ってほしいものです。

夢のある話としては「新日石、ミドリムシをバイオ燃料に 5年内メド」という日経の記事がありました。このような良い話だけならいいですねー。内容は、石油会社が大学発のベンチャーと組んで、「ミドリムシを原料にしたバイオ燃料の量産に乗り出し、5年以内に量産技術を確立し、まず航空機の燃料として供給する。食物を原料に使う通常のバイオ燃料と異なり、農地がなくても原料を効率的に生産できる点に着目。土地の広さに制約のある日本で、原料からの一貫生産が可能な「国産バイオ燃料」を実現し、将来の安定調達につなげる。」というものです。他国の原油に頼らなくて、自国でそれもどれだけでも必要なだけ燃料を作り出せて、自給率をあげられたらいいですね。是非とも頑張っていただきたいものですね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。