スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テレビ朝日でさえ民主党批判の声を出さざるを得ないんですね!

日曜日に久しぶりにテレビ朝日の番組を観たんですけど、テレビ朝日に出演している人たちでさえ、今回の尖閣での中国漁船衝突事件での菅政権の対応への批判としか取れないコメントの連発でしたね。
その中でも昼の番組で仙石官房長官が法務大臣を呼びつけていた件、法務大臣が検事総長へ仙石官房長官の意見か意向かを伝えていた件、そして、その意見か意向かに従って検察が今回の決定を行った件。
民主主義国家、法治国家の国民としての誇りを民主党はじめ今回の事件にかかわった人たちは持っていないんでしょうね。人としての誇りを持っていない人間に国家を治めることができるんでしょうか。
吃驚ですけど、納得できますね。どうして新聞は報道しないんでしょうかね。しかしこれって実質的な指揮権発動では無いんでしょうか。検察も法律を無視しちゃうんですね。これでこれまで、偉い人たちや経済界の犯罪が処罰されなかった訳が分かりますね。日本は検察によって既に民主主義国家でも法治国家ではなくなっていたんですね。庶民だけが厳しく法を適用されていたってことですかね。民主党の鳩山由紀夫前総理の脱税事件もそうですよね。

それと、政権交代の大きな役割を担った民主党マニフェストの農家への戸別所得補償制度、バラマキで国家財政を危うくするだけのもので、意欲のある農家は誰も望んでいないというのも良く分かりました。この制度でコメの生産者の価格が下がっているんですってね。
農業をやろうとする若者がいなくなっているのも分かりますよね。農業就業者の平均年齢も一般的企業での退職年齢より上だというんですから。
これでは農業を潰すために私たちの税金をばら撒いているとしか言いようがありませんよね。農業が潰れるということは、地方が崩壊し、国家の存続が危うくなってしまうんではないでしょうか。
民主党と民主党マニフェストを唯々諾々と実施した農林省が亡国の引き金を引いてしまっているんですね。
中国漁船衝突事件での中国との対応では、民主党、菅総理、仙石官房長官、そして本来法律を遵守しなければいけない検察が亡国の引き金を引いていますしね。この間、外務省は何をしていたんでしょうか。

農業問題では番組でコメントを言っていた山下一仁氏立派な意見ですよね。この人が居れなかった農林省ってやはり変ですね。
その山下一仁氏の書いた本は難しい内容が多いんですが「「亡国農政」の終焉 (ベスト新書)」「農協の大罪 (宝島社新書)」は簡単に書いてあって良かったですよ。ただ、あまりに農林省と農協からすると改革が過ぎるというか、自分たちの既得権益が侵されるので、評判が悪くて辞められたようです。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。