スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

小手先介入でいつまでもつのでしょうか!

「6年半ぶり為替介入 85円台に急落」菅政権で初めての対策でしょうか。しかし日本だけの介入で、しかも抜本的対策がなく、何時、どこまで効果があるんでしょうか?
結果的に日本だけが大損したということにならなければいいんですが。

「郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長に対する大阪地裁の無罪判決について、大阪高検と大阪地検が16日にも最終協議。地検側は『審理が尽くされていない』として控訴の意向だが、控訴審を担当する高検側は『客観的証拠が乏しく、無罪を覆すことは困難』とみている。最終的には控訴を断念する見通し。」ですって。現場も現場なら、高検も高検ですよね。疑いなく無罪というのでなければ、控訴して白黒をよりはっきりさせるべきではないでしょうか。
検察側は共犯とされた障害者団体代表の一部無罪判決に対して控訴しているんですから、整合性から村木被告についても控訴すべきだと思いますけどね。皆さん方はどうお考えになりますか。

元大蔵省の高官だった方の書いた「為替がわかれば世界がわかる (文春文庫)」には為替のことが分かりやすく書いてあるかな~。少し勉強してみたいですね。

大阪地検の控訴するかどうかの問題ですが、工学部だったので法律は一般教養だけの知識しかないので、少し分かりやすい刑事訴訟法の本「図解でわかる刑事訴訟法 (入門の法律)」でも読んでみようかとも思います。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。