スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

民主党政権支持の連合の春闘「賃金、もう下げさせないぞ!」一方、大卒求人撤回相次ぐ

小沢幹事長と一心同体で選挙運動に励んでいる連合が、今日6日の午前、定期昇給の完全実施による賃金水準の低下阻止や、非正社員の処遇改善を訴え、雨の中で春闘に向けた中央集会を開いたそうです。この集会に約1万6千人が参加したそうですが、労働組合のある大企業の社員の方々なんでしょうね。

かたや、今朝の朝日新聞朝刊一面トップには「大卒求人 撤回相次ぐ」来春の大学卒業予定者の採用方針を、業績低迷を理由に撤回する企業が相次いでいる。・・・との記事が出ていました。

連合の古賀伸明会長は「10年間下がり続けている賃金をこれ以上、下げさせない。と大見得を切ったようですが、小沢民主党幹事長といつも一緒に選挙応援して回ると、このような大演説が出来るようになるんですね。今の日本の最高実力者と一番親しい労働界、そのトップですものね。しかし、連合って一般庶民から見たら大企業の部類に入っている大きい会社の労働組合ばかりですよね。あと、日教組とか、官公労、自治労・・とか超安定した職業の方々も入っているんでしたっけ?
零細・中小に勤めている庶民には関係ないですね。
しかし、この古賀連合会長たち連合等の労働組合役員も、大企業でさえも次世代を担う社員の採用がなくなってきたら、組合員の組合費で労働貴族といわれる生活をしていたのはどうなるんでしょうね。

これから社会に出る次世代の方々のことも考えてあげてください、公約詐欺の民主党の支持にのめり込んで、組合費を浪費するのでなく、民主党国会議員一人に一億円以上も政治献金している大手企業の労働組合がいっぱいあるなんて話も聞いたことがありますが、組合員へ回してあげたらと思いますが、いかがですか。

その労働組合の支援している民主党政権の「郵貯限度額3000万円に 政府方針」という記事もありました。
記事の中には「信用金庫や信用組合を含む中小の地域金融機関などは、「暗黙の政府保証」が残った状態による限度額引き上げは郵便貯金に預金が流れ、「民業圧迫」になりかねないなどと反発しており・・」、限度額いっぱいの金額を定年までに預けてみたいものです、別に郵貯とは言いませんが。

自分が就職浪人を経験して、苦しかった記憶があるの余計今朝の朝日新聞朝刊一面トップ記事はこたえました。
個人に限らず、どこも今の政権では庶民は虐げられてしまうんですね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。