スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

菅総理の支持率下落! 調査もマスコミの質問内容と調整でどうにでもなるんですよね! 普天間基地移設問題では党内が分裂状態にしか見えませんけど、今度もだんまりですか!      

この記事「首相交代効果も一瞬だった?菅内閣、支持率早くも下落」、菅内閣の支持率は朝日新聞の世論調査(19、20両日実施)が50%。前回(12、13両日)から9ポイント下落した。読売新聞による世論調査(18~20日実施)でも55%と前回(12、13両日)から4ポイントダウン。不支持率はともに上昇し、32%~27%だったそうです。そしてこの記事、最後のまとめには「参院選を目前に、首相の消費税発言は民主党内でも反発があり、党関係者は『(菅)首相が遊説先で増税をにおわす発言を繰り返せば、首相交代効果が水の泡だ』と危機感を募らせている。」というものですが、この(民主)党関係者というのが誰のことかわかりませんが、消費税は上げるんでしょう。上げることを隠せと言っているんですかね、民主党関係者は。まるで国会で審議せずに閉会させたように、民主党の選挙に少しでも不都合なことは隠せということですよね~。
キャミソール荒井国家戦略相や蓮舫大臣、川端大臣の事務所費問題など菅政権のボロを隠すために国会を審議なしで閉会したために、国民が国会へ提出した4000件もの「請願」が処理されずに「放置」されたそうです。記事的には、「通常国会会期末の16日に民主党が参院本会議の開催を拒否したことで、国民が政府に要望する請願約4000件が国会閉会とともに葬られたそうで、野党各党は憲法で保障された国民の請願権を奪う行為だとして、かっては請願を重視した民主党が選挙第一主義に変身したと批判している。」というような紙面になっていますね。

これが国民生活第一主義を標榜する政権与党なんですかね~。

そして、沖縄県民との約束や連立を組んだ政党との約束より重要と選んで終わった「日米合意」について今頃「民主党鹿児島県連代表の川内博史衆院議員は首相官邸で枝野幸男幹事長と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設に関する日米共同声明が米軍の訓練移転先として鹿児島県徳之島を例示したことについて『共同声明から徳之島を削除してほしい』と要望した。」そうですが、この記事の面白いのは、総理官邸で総理や官房長官ではなく、民主党の枝野幹事長に要望というところではないでしょうか。この政権って政府と政党の区別が無いんですね。
そしてこの川内議員って、ガソリンの暫定税率の問題の時に「ガソリン値下げ隊」の体調をやっていた人物ですよね。しかし結局政権を取ったのに暫定税率無くしませんでしたよね。今回も人気取りでごまかすためのパフォーマンスなんですかね~。変な党の変な方々のお話でした。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。