スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

消費税アップ! 最初元気のよかった菅総理! マニフェスト発表会見だけのカラ元気か! 初遊説で触れずじまい! これって庶民に負担をかけることだけ考えていて中身を何も考えていなかったから演説できなかった!からかな~?                   

民主党政権、菅総理って何なんだろうと思っているのは私だけでしょうか?
「菅首相、国会閉会後初の遊説 消費税には触れずじまい」という記事。「菅直人首相はさいたま市と千葉市で国会閉会後初めて街頭演説に立ったが、民主党の参院選マニフェスト(政権公約)発表時に掲げた消費税率の10%への引き上げには触れずじまい。『税金の話は政治家にとってはタブー、トラウマだ』とも語り、腰の引けた滑り出しとなった。菅首相は『これ以上、借金に頼って福祉、景気対策に充てていたら、ギリシャのように財政が破綻(はたん)する』と財政再建の必要性を強調したが、『消費税』『増税』という言葉は使わなかった。」そうです。
そうですよね、票集めのためのバラマキに何兆円も無駄遣いしていて、庶民には増税、良くそんなことを考えられるものですよね。まず、産業振興にも地域振興にもならないどころか、意欲ある農家の育成を妨害して本気で農業をやる気を無くす「戸別農業所得補償」を無くすことが先でしょう。そしてやる気のある農業者を育てることを考えないといけないと思いますけど。それと、外国に住む外国人にも私たち庶民の税金をプレゼントする子ども手当、これもどうでしょうか。他にもイッパイありますよね~。おカネをばらまいて本当に子育てに役立つんでしょうか、私には疑問ですけど。

枝野民主党幹事長、事業仕訳で辣腕とか言われているようですが、空想の絵を現実と錯覚して国民に塗炭の苦しみを味あわせる先兵だと思えますが、テレビの討論会で消費税の与野党協議を呼び掛けてたようですね。無駄撲滅で財源を捻出できると言っていたその発言の責任はどうするんでしょうか、この枝野という方。それと票集めのバラマキ。まず、このバラマキを止めて、今年度予算での民主党の野党時代のうっぷん晴らしのために、私たちの国家予算を滅茶苦茶にしたことを、正直に詫びることが何よりも先ではないでしょうか。
そして何より、政権政党として消費税アップについてきちんとした枠組み、国民に分かる姿を示したうえで、野党に協議を求めるのが筋だと思いますが、如何でしょうか。郵政改悪や金融制度などについては、政権取ってからの国会でやりたい放題に強行採決で決めてきているんですからね。菅総理は政権交代の時から副総理つまりナンバーツーだったわけで、普天間も連帯責任だと思うんですけど、そんなやり方をやってきていてどうして「消費税だけ具体像は何も示さず」野党案を参考に、何でしょう、それも民主党幹事長がそっくりそのまま協議しましょう、どうかしているとしか思えませんね。

そして何より、国会審議を民主党、菅政権が蔑にして、短時間での強行採決を繰り返し、挙句の果てに政権の看板替えをしたら、支持率が劇的に上がったからと言って、支持率が高いうちに参議院選挙やってしまえと、強行採決した法案でさえも廃案にして国会を閉会にする。国会で党首討論どころか、政権が変わった時の慣例の予算委員会さえも開かない、これはま~分かりますよね。民主党菅政権では鳩山政権の居抜き政権だし、小沢抜きでは何も決められない体質、その小沢隠しで小沢が表に出られない、そして何より、国家の行き先、国民生活をどうする、というのを何も考えていない、民主党議員が話し合いさえやっていない無責任な政党の体質、これで予算委員会を開催したら、民主党政権の利権漁りと無知蒙昧なのが国民の前に曝け出されてしまいますものね。

その次に、野党時代の民主党の主張であった、政権たらいまわし批判、その批判していたことを自分たちがやっているんですから、民主党の主張に従って、これからでも衆議院を解散して菅政権の信を問うべきでではないでしょうかね。

そして何より、キャミソール荒井国家戦略相、蓮舫大臣、川端大臣、政権の中枢にいる方々の事務所費問題。民主党は野党時代に当時の与党をこの問題で攻めまくりましたよね。果てには民主党が攻撃していて自死した松岡農林水産大臣(当時)の事務所を唐突に訪れて、視察と称したりしたことを記憶していますが、どうして自分たちが攻めたと同じ問題で、民主党議員だと問題はないんだと、だんまりを通せるんでしょうかね。恥という日本古来の精神を持っていれば当人たちが耐えられないと思いますけど。1人は帰化した大臣だから日本人の精神を説いても無駄でしょうかね。

やはり民主党って、選挙の時さえ票集めができて民主党候補者が選挙に当選して多数を占めれば良い、そうすると民主党の好き放題できる民主党の天下だ、ということだけなんでしょうね。
本当にこれからの日本が怖くなってしまいす。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。