スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

参議院での「菅総理と側近のキャミソール荒井国家戦略相の問責決議案」参議院本会議開催せず菅民主党総理の逃げきり! こんなの本当に国民の代表としてふさわしいんでしょうか!参議院本会議を開かないんだったら歳費を返せと言いたいですね!

民主党の菅総理の国会運営ってすごいですね。「菅総理とその側近のキャミソール荒井国家戦略相の問責決議案が参議院に提出されたからといって「参議院本会議通例では必ず開催していたにもかかわらず、開催せずに国会閉会」150日の幕を落したんだそうです。社民党議員か民主党議員で不満を持っている議員が欠席したりすると、菅総理まで問責されちゃうという心配だったようですね。キャミソール荒井国家戦略相の問責決議案は社民党も賛成だと言っていたんですから、成立したんですよね。それが国民の大きな声だと思いますよ。
本会議を開かず「逃げ」の一手だけしかない民主党政権、それも自分たちが政権にとどまるために、菅政権の人気が高いうちに選挙を終わらせたいというだけですよね。
小沢前民主党幹事長の時と何が違うんでしょうかね。

これが国権の最高機関の実態なんですから、信じられない思いです。

その選挙では、相変わらず労働組合と癒着を深めているようですね。
「民主党と連合が政策協定を締結 参院選での全面支援を約束」というんですから、すごいですね~。自分だけが当選して議員になれれば良いんですね。しかし、国会で審議もろくにしない政権政党なんですから、国会議員になったって何をやるんですかね~。

労働組合との関係については、「民主党の枝野幸男幹事長は17日午前、最大の支持団体である日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長と都内で会談し、参院選に向けた政策協定を締結した。協定には、消費税率引き上げを念頭に『税制の抜本改革を検討し、中期的財政再建への道筋を明示』と盛り込まれた。」
「会談では、枝野氏が『参院選を乗り越えることで、衆参の両院で安定した力を与えてもらい、国民生活の安心を作り上げていきたい』と述べた。古賀氏は『希望と安心作りのためには、安定した政権運営が必要だ。参院選勝利のため全力を尽くすことを約束する』と応じ、参院選で民主党を全面的に支援する方針を改めて打ち出した。」
古賀連合会長が言っている「安定した政権運営って『自分たちにとって不利なことは、強行採決し、不測の事態が起こる可能性があるときには「本会議でさえ開催せず」とこういうことを意味しているんですね。労働組合も偉くなりましたよね~。

労働組合と組合と組んだ与党政権の運営によって「会期延長見送りのあおりを食って政府提出法案63本の成立率は55・6%。通常国会では戦後最低となった。大学紛争などで混乱した佐藤栄作内閣時の通常国会(1968年12月召集)の55・8%も下回ったのだ。これに伴い、廃案や継続審議の法案が続出する事態に。例えば、厚生年金病院などの運営法人を存続させる関連法案も通らず、このままでは地域医療崩壊につながりかねないとの指摘もある。」

当然なことに「民主党は『国民生活が第一』と言いながら、国民生活に影響しかねない法案を軒並み廃案や継続審議にした。小鳩体制の選挙至上主義と何も変わっていない」と指摘する声が出ているそうです。

暗い社会になってしまったあとで、こんなはずではなかったんだけど、ではいけないんですけど。マスコミが持て囃すから、間違った選択をして後で悔やむ人がいっぱい出てくるんでしょうね。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。