スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

滋賀県知事選挙では滋賀県民の投票した方々の過半数が良識あることをお示しになられ、良かった、良かった!

憲法を解釈で戦争への道を突き進もうという安倍自・公政権に対して冷や水を浴びせた結果にほっとした方々は多いのではないでしょうか?

憲法解釈での改悪以降、自民党は選挙で不利になったと自覚してからはなりふり構わず国会議員だけでなく、団体までも巻き込んで慌てふためいた選挙戦を戦ったようですね。

この選挙で、自民党がどれだけのおカネを投入したのか、明らかにしてほしいものです。
そのおカネも私たちの税金からだされる政党交付金からも支出しているんでしょうから。

私たちの税金から憲法改悪を認めさせるための選挙に反対者からの税金を使うとは・・・。

これで、国会議員の定数削減等の約束は何も実現しないで、国会議員の歳費だけ平気で元に戻すという暴挙、法人税は下げるけども国民への増税はやめない、
農業(農協)への補助金は増やして、庶民には高い農作物を購入させ、二重におカネを吸い上げる。
・・・・・

いやはや呆れた世の中です。
これではやはり、国会議員を減らし、本当に国家・国民のことを考え、世の中を良くしようという意識の高い政治家を育てないと、お先真っ暗ではないでしょうか?

政党ではなく、政治家個人の持つ資質の問題ですね。

滋賀県知事選挙で、有権者の良識が示されたのですから、後は政治家の良識というより資質では・・・。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。