スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

祖父しか見ない安倍総理の取り巻きは安倍総理しかみず、視野狭窄の自己満足では!

アメリカのオバマ政権もこれでは日本には付き合いきれないのではないでしょうか。
最先端の右のグランドファーザ-コンプレックスの総理で呆れかえっているところに、その取り巻きがまた愚かにもアメリカのオバマ政権を自己の視野狭窄の基準で批判とは。

言うに事欠いて「安倍首相が昨年12月に靖国神社を参拝したことに対し、米政府が『失望』を表明したことについて、『共和党政権の時代にこんな揚げ足を取ったことはない。民主党政権だから、オバマ大統領だから言っている』と述べた。 また、『(米国に)日本がアーリントン(国立)墓地に参拝するのがけしからんと(言ったら)やめるのか。やめるわけがない』とも語った。」

アーリントン墓地と靖国神社をごっちゃ混ぜ。
このごちゃ混ぜには日本人としても納得が行かないですよね。
しかし、安倍晋三総理の一派には靖国神社もアーリントン墓地も同じ位置づけなんでしょうね。
これではアメリカも中国・韓国との関係の正常化で、これ以上日本のことを助けようと思えないのではないでしょうか。


自分たちで国家・国民を危機に陥れていることに気づかない政治家を選んでいるのも国民ではあるけれども、あまりにも酷い。

裁判の決定した判決も守らない政権、そしてあえてその判決を守らないように運動している自民党の長崎県選出の議員たち。

地元の意向を無視して国民の生活をも脅かす協定を平気で結んで、100億円の基金を積んでチャラと平気な安倍官邸と外務大臣と農林大臣。これでは沖縄の漁業者の生活はどうなるんでしょうかね。
日本の主権というのはあるんでしょうか。

安倍総理の発言と行動とはかい離しすぎではないのでしょうか。

これが今の日本の本当の姿なんでしょうね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。