スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

戦争を知らない世代の政治家が軍法会議を! ボンボンの政治家が家業の政治家は国際協議をなめまくり!

今の世の中、驚くことが次々と・・・。

東京新聞の特報平和憲法に真っ向背反、『軍法会議』」を。
どういう経緯を経て国民だけでなく周辺国まで巻き込んでの悲惨な戦争へ突っ走ったのか、歴史の検証をしていないのか。
軍隊に人間性を求めることが無理なんでしょうけど、今の平和を希求している平和憲法を戴いている私たち日本人、日本国家には相いれない考えではないのでしょうか。
人間性を否定する軍隊が本当に必要なんでしょうか。
周辺国でも敵対してきている中国は核武装までしていますし、軍人の数、装備、全てにおいて劣っているのではいでしょうか、そもそも人口が違うんですから。
韓国と比較してさえ、軍人の数、装備ともに数の上での劣勢は明らか。

日本がいくら自衛隊を軍隊にしても、攻め込まれたら果たして何日持ちこたえられるんでしょうか。
それなら、攻め込まれないように、外交、経済で優位に立たないといけないのではないでしょうか。
その努力も民主党政権引く続く自・公の安倍晋三政権でアメリカともまともな友好関係を構築できず、ましてや中国・韓国とはこれまでにない険悪な関係へ。

これで軍国化への道を歩んだら、いつか来た道を再度たどることになってしまうのでは。
恐怖ですね。

そして、政治家が家業のボンボン政治家、国際交渉を経験したことが無いのか。
15日から始まり日本が23日午後から参加予定のTPP交渉について、ボンボン政治家大臣が「先行する11カ国が目標に掲げている年内の交渉妥結にこだわらない姿勢も示した。」
『(今回の会合で)全て決まるということではないだろう。交渉が継続している前提でしっかり対応していく』と強調した。」
とのこと。

この大臣、台湾との漁業協議でも沖縄の地元漁業者の要望も聞かず、受け入れられない協定を結んでいるんですよね。
その大臣が一カ国ではなく11カ国が進めている交渉で果たして太刀打ちできるのでしょうか。
この大臣が何か成し遂げたという話を聞いたことが無いんですけど。
そして遅れて、今回ようやく途中から参加させてもらえる日本が先行国の交渉妥結を先延ばしできるんでしょうか。
今から交渉に参加させてもらうという国の責任者の一人が「年内の交渉妥結にこだわらない」なんて偉そうなことを言えるのでしょうか。それで他国が聴いてくれるんでしょうか。
こんなボンボン政治家が責任者になっている国の将来が思いやられます。

そして、聖域として農産5品目を絶対に守ると言っていますが、この守るという言葉はどういうことを言っているのでしょうか。
今の関税の水準をそのまま守ると言っているのか、関税は数割下げるけど守ったと言うつもりなのか。

農協は果たして関税をゼロではなくいくらかは関税をかけられるとして、どの程度の水準なら納得するのでしょうか。
そしてこの政治家と役所と農協に抜けているのが国民、圧倒的多数の消費者なんですけどもね。
消費者として高い農産物を買わされ続けるのにいつまでがんし続けられるんでしょうか。
それも自分たちが徴収された税金から農業振興のような名目で莫大なお金を対策費として農協へばら撒かれたうえでですよ。
二重取りされる消費者が馬鹿なんでしょうか。
同床異夢が果たして何時まで続けられるんでしょうか?

本来不要な農業予算を減らせば、本当に意欲のある頑張る農業者が台頭してきて、国際競争力のある産業として成り立つ農業へと変貌するのではないでしょうか。
そして、農産品価格ももっと下げられるのではないでしょうか。

加えて農業へのバラマキが無くなることで消費税のアップも少なくて済むことも考えられますよね。
食品への家庭支出も金額を減らせるでしょうし、そうすると家計も助かるし、他へ使う金額も増やせますよ。

どこも万歳だと思うんですけど。
一番の元凶は農協と、政治家と、農林省の役人ですか。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。