スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

アベノミックスで生活破壊! 来年の消費増税についての議論は与党の逃げで深まらない残念な現状!

安倍政権はなんとしても消費税は来年あげる固い決意なんでしょうね。
毎日新聞によると与党の逃げで消費税増税論議が深まらないと書いてきていますね。

アベノミックスで円安になり、日常の食料品や電気代等で生活に悪影響が起きていますが、安倍政権は自画自賛で全く庶民の苦しさが理解できていないようですね。
6年前の政権を放り投げた時もKYと言われていましたものね。

アベノミックスでモノの値段があがり、消費を絞らざる得ない状況、高齢者は今更収入の道を新たに見つけることも出来ず、エアコンはじめ電気代の切り詰め、食品の切り詰め、具合が悪くなっても病院へ行くのを切りつめるなど悪影響が多くなってしまっているようですし。

この異常な高温での熱中症での被害の拡大も心配されています。

弱者を苛めて何が楽しいのでしょうか。
こうした状況の中で、今年秋には決断しないといけない、「消費税増税」について議論が深まらないとは、それも与党が逃げていると。

今、この選挙しか消費税増税が正しい選択なのかどうか、国民が選択できる時はないんですから、もっと議論を深めていただいて、国民に判断させていただきたいものです。
そうした時に果たしてマスコミの序盤戦の報道通りになるかどうか・・・。

しかし、全くのボンボンがそのまま権力を握りたいと言って、それに追随した側近たちが、今の政権をつくったんですものね、自己顕示欲の塊の方々に庶民の生活を言っても所詮無理なんでしょう。

結果が、庶民の生活崩壊。

TPPも与党自民党からマレーシアに行く議員を見る限り、自民党は農協だけしか気にしていないのがよく分ります。
医療、金融、保険、etc他にも問題はいっぱいあると思うんですけど。
農協だけを満足させればいいという議員だけを派遣するとは。
自民党の主人は国民ではなく、農協(農業ではなく)なんですよね。

もう一度新聞で報道されている自民党の派遣議員の名前を確認してみてください。
そしてその議員がどんな人物か、よく調べてみてください。

加えて、農協からも政府代表団を見張るために自民党議員に同行して十数名も派遣するようです。

TPPには農協の強硬な反対で遅れての参加となり、今回も途中からの参加、15日から開始されても23日の午後にならないと参加できないし、これまでの交渉のペーパーも参加が認められてからですから、23日の午後になりようやく閲覧できて、英語で書かれた膨大な量のテキストを読みこんでいかないといけないのに、自民党議員と農協から派遣される方々の対応までやらされたのでは、国民全体の奉仕者としての公務員の役割が果たされるのでしょうか。
国益が守られるのでしょうか。

やはりネックになるのは、農協と(自民党)農協族議員ですね。
結局、それを許している安倍政権が一番悪い、と言うことになりますか。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。