スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

不毛の国会もやっと終わりました! 政権が代わっても庶民の暮らし何も変わらず!ですか? しかも総理の側近議員が人倫に悖る行為とは・・・!

民主党党政権から自民党政権へ変わって半年。
変わったのは株価が少し上がったこと。
円安が進行したこと。
食料品が上がり、電気代も上がり、ガソリンなど燃油も上がり生活が苦しくなったこと。
輸出産業だけは利益が上がったこと。
・・・・

そして、もう一つ分かったこと、アメリカが自民党政権、安倍政権を信頼していないということですか。
一説には民主党の野田政権時代よりも信頼が無いという報道もありますよね。

その上、今度の参議院選挙の比例の候補者、二人も公認辞退に追い込まれているという事実。

この二人、報道では暴力団との関係が書かれていたようです。

それと安倍総理・総裁の夫人が執着して、党の執行部も抵抗しきれずに公認したとか。
この責任は党執行部は当然ですが、自分の布陣を抑えきれなかった安倍晋三総理にが一番の責任があるのでは。
そもそも夫人は議員でも党の役員でもないと思いますけど。

政府専用機で海外出張のさなかにその政府専用機の中で夫婦喧嘩をしていたということも報じられていましたし・・・。

自分の夫人の言いなりで、権限もない党の選挙候補者公認にまで口を出させている安倍晋三総裁とは・・・。

このような状態に陥った国はほとんどが、歴史上では滅びていますね。

祖父コンプレックスのカカア殿下、だからそのしっぺ返しで庶民の暮らしを悪化させることで意趣返しをしているんでしょうか。

これではアメリカの信頼を取り戻すことも、ましてや中国、韓国と交渉することも無理ではないでしょうか。

ただ、執念深いことでは人後に落ちないようですから、これで終わりではなく、もっともっと庶民生活を苦しくすることで鬱憤払いをするのではないかということが本当に心配です。

なにしろ、側近の副大臣はベトナムでの破廉恥なご乱行が報じられていますし、自民党が送り出していた衆議院のナンバー3は買春で辞任。

しかしこの二人がしたことって、人倫に悖るだけでなく法治国家(日本)では犯罪ではないでしょうか。
立法府に身を置く議員が犯罪行為とは・・・。
それも安倍晋三総理の側近議員。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。